特徴ある製造造り

1978年の創立以来、私たちは常に「どこにでも出来ないような製品造りにチャレンジしよう。」と、難度の高い製品造りに取り組んできました。そうしたひとつひとつの挑戦の積み重ねにより、新たな技術、ノウハウが蓄積され、またそれが新しい製品造りに活かされていくというスパイラルを生み出してきました。現在、宏栄精機工業の製品はその付加価値の高さから、特徴ある製品として評価を受け、国内はもとよりアメリカをはじめヨーロッパ・アジア各国など世界に向けて出荷されています。

品質保障体制

当社では製品のクオリティを追求するため、品質管理に全社をあげて取り組んでいます。検査機器を徹底して整備・管理し、その上で、『全製品』を検査し出荷しています。万一、不良品が出た場合は廃棄し、その工程を徹底して改善。『不良品を造らない、出荷しない』を合言葉に、品質管理の『見える化』などの取り組みを通じ、全社員の意識向上を図っています。

新たな可能性に挑戦

私たちの提供する製品は人々の目に触れる機会は多くありません。しかし、自動車・家電・パソコン・通信・住宅など様々な場面で、小さな部品やネジ一つひとつが、世界中の人々にとって無くてはならないものです。今後も、常に新たな挑戦に取り組み、さらなる品質を追求し、特徴ある製品を提供し続けたいと考えています。

技術情報

お知らせ